横を向くと首と肩甲骨の内側が痛い、、、

2020年05月13日(水)

痛み撲滅、痛みの原因をわかりやすく説明を得意とする大城です。

 

今回の症例を説明致します。

朝起きた時は首の痛みは大丈夫、 しかし午前の仕事中から徐々に、同じ姿勢で長時間いると、 首と肩甲骨の内側が痛くなってくる。

 

昼からは首の痛みで頭痛までも誘発させる、、、。

 

全然痛みで仕事に集中できない、、、。

 

 

これはダメだと近くの整骨院へ行く。

首と肩甲骨周りに電気と針をしてもらう、 その後少し楽になるが痛みはぶり返す、、、。

 

ダメだ、、、トレーナーをしている弟へ相談。

 

弟に治療院、整骨院を探してもらう。

そこで大城整骨院を発見し、来院されました。

 

動きの検査と痛みの発生経緯を聞き、 昔から腰も悪かったと、、、

「でも今は痛み出てません。」と、、、

 

そこで大事なのが今痛みが出ているかを確認する事も大事ですが、 痛みは簡単に逃げ隠れします

 

人は痛いのがとても嫌いです。

自然とかばった姿勢や動きで痛みを失くして、その代わり別の場所に負担を与えることによって現在の痛みが現れることも多々あります。

 

今回の患者さんもそうでした。

患者さんは右斜め下を首を捻って振り返ると、首に激痛が出ていました。

 

ここで説明。

振り返るという動作は決して首だけでおこなわれていません。

 

骨盤が捻られ肩甲骨に動きが出て首が動きます

 

 

今回の患者さんは昔の腰痛で骨盤を支えている腸腰筋という筋肉が全然機能していませんでした。

 

※今、腰に痛みはありません。

 

骨盤の動きがないまま日頃から肩甲骨と首だけで振り返る動作などをおこなっていたのです。

 

 

負担はそれらに集中するから首と肩甲骨は痛くなりますよね、、、。

 

そこで首や肩甲骨が痛い患者さんに、腸腰筋を1番目に治療してみました。

 

 

場所でいうとお腹のおへそ横あたり。

 

すると患者さんもびっくり! 右に振り返っても全然痛くないのです!

 

痛みがなくなったのは結局、腸腰筋がしっかり可動してくれて骨盤がスムーズに動き、 肩甲骨と首の動きを助けてくれたからです。

 

このように痛いところが原因じゃないことは多々あります。

もし痛みが出ているところを繰り返し治療されてもまた痛みがぶり返す方。

 

是非、根本から解決してみて下さい。

 

大城でした(^^)

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |