インナーマッスルをとはなにか?

2016年05月07日(土)

本日は最近よく聞く【インナーマッスル】についての説明です。

皆さんが思いつくような普段する筋トレのだいたいはアウターマッスルを鍛えてしまっているのです。
では、「インナーマッスル」と「アウターマッスル」の違いを簡単に説明しますね。

まずは、
・筋肉の強さ
「インナー」→持続性のある強さ
「アウター」→瞬発的にインナーより強い力を出す、ただ疲れやすい

・可動域(動きの幅)
「インナー」→広くケガをしにくい
「アウター」→硬く太いので制限がある、狭くてケガをしやすい

・柔軟性
「インナー」→柔らかくケガをしにくい
「アウター」→硬くケガをしやすい

・動きの特徴

「インナー」→どんな動きにも対応
「アウター」→直線的で制限がある

といった感じでインナーマッスルはつけることによってメリットしかないのです!!

肩こり腰痛など身体がバキバキに硬い方、いますよね?

あれはインナーマッスルを使いこなせず、アウターマッスルが優位に働かせているため外の筋肉が常に緊張状態になってしまっているのです。
なので肩こり改善に一番効率的なのはインナーマッスルをつけてあげることなのです!

OSHIRO整骨院では運動指導など、施術以外のこともおこなっていますので興味がある方は是非お気軽にご連絡くださいね。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |