下の物を拾う時はしっかりしゃがめていますか??

2017年01月11日(水)

OSHIRO整骨院 本日のブログです。
 
 
 
簡単なことだけど、ついついしてしまう、、、めんどくさい、、、
 
皆さんは床に落ちた物を拾う時にしっかりしゃがんで取れていますか??
 
  
なかには、片足で突っ立って腰を下ろさずに拾う方もたくさんいると思います。
 
index_img01pic_02 

これが骨盤の歪みの原因だったり、筋肉の緊張による痛みを引き起こす原因となるのです。
 
 
なぜしゃがむと良いのか??
 
 
関節を大きく動かし筋肉が大きく伸び縮みするからです。
 
足関節、膝関節、股関節、これらの関節がしゃがむことにより大きく動きます。
 
特に股関節は大きく動かすことにより、腰の筋肉を大きく動かす事ができ柔軟性を保つ事ができます。
 
 
では逆に、しゃがまず片足で突っ立って下の物を拾うとなぜダメなのか??
 
簡単に言うとしゃがみ込むこととは逆のことが起こります。
 
関節があまり動かない、、、等尺性収縮と言い、筋肉に力は入るが伸縮が少なく、筋肉にすごく負担をかけます、、、
 
これが日常生活の中で繰り返し行われることで、筋肉は徐々に硬くなり、ぎっくり腰など肉離れの原因になるのです。
もちろん姿勢不良の原因にもなります。
 
 
たった一つの動作でも、日常生活で繰り返し行われていることは、すぐに痛みの原因となります。
 
是非、意識して取り組んでください。
 
 
逆にしゃがむことで痛みが出る方はもうすでにどこかを故障しています、、、
 
すぐに体を診てもらってください。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |