テーピングの効果とは?

2016年08月26日(金)

本日のブログです。
 
テーピングって皆さん、どんな時に使われるかご存知ですか??

ダウンロード (5)
 
テーピングには様々な用途があります。
 
関節や筋肉の固定や圧迫、動きのサポートなど
 
ケガをした時だけではなく、ケガの予防や動きのパフォーマンスを上げるためにテーピングを使う時もあります。
 
 
最近、患者様に使った例をあげます。
 
・足首の軽い固定に使用
・肘の痛みが強く、前腕の筋肉のサポートに使用
・偏平足で土踏まずがなく、歩行時に足裏に激痛がある為、足底のアーチを作る為に使用
・足関節の偏った動きの癖から腰痛が出ている為、腰の治療として足関節のサポートに使用
 
などなど、今あげた使い方は全て異なった使い方をしています。
 
どうしても施術以外の日常のサポートをする場合は、このようにテーピングを使ってケガを治していくのが効率よくておススメです。
 
 
皆さんのなかで長いこと痛みに苦しめられている方
例えば腰痛を施術してもその時、楽にはなるけどまた痛くなる
そういう方は日常の偏った動き、癖をまず見つける必要があります。
 
イタチごっこはなしにして早く改善してあげましょう。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |