超音波治療(ケガの痛みを取り除き、治りを早くします)

2015年12月29日(火)

超音波とは、人間には聞こえないほどの細かい周波数で振動する音波のことです。超音波治療とは、この超音波の音と振動エネルギー作用を利用して、1秒間に100万回もしくは300万回のミクロマッサージと呼ばれる非常に高速で細かい振動を、手技では届かない体の深部まで到達させ、体の中で熱エネルギーを発生させ、皮膚表面からでは温めることができない筋肉や関節などのこわばりを和らげます。人体にまったく悪い影響がない周波数の音波を使っており、安全な治療を受けることができます。ケガや痛みの急性、慢性期を問わず治療が可能で、周波数を変えることにより、浅部から深部までのピンポイント治療ができます。また、薬剤を塗布して超音波をかけることで、薬剤の浸透性を高めます。
 超音波治療が受けられない患者様は、ペースメーカーなど体内に電子機器を装着されている方や、骨折手術などによりプレートやボルトの金属が体内に埋め込まれている方、妊産婦もしくは妊娠の可能性がある方などです。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |