ゴルフ治療(痛みの除去からフォーム改善、機能向上まで)

2015年12月29日(火)

ゴルフは最近では若い男女の選手が活躍しており、小さなお子さまが練習に励んでいたり、中高年の趣味としてゴルフを楽しむ方が増えています。
 ゴルフによる腰痛は、アンバランスな体の使い過ぎによって筋肉や関節の片側ばかりに負担がかかることによって起こります。また、良い結果をだすためにスイングの練習を積むことで、腰や背中、お尻などの筋肉が硬くなります。
十分にウォーミングアップをしていない状態で、大きくスイングをして、ぎっくり腰になることもあります。痛みがあって病院で診てもらっても、レントゲンには写らないために原因が分からずに、湿布や痛みどめの薬を処方され、症状を抑えている方がいらっしゃいます。
当整骨院のゴルフ治療では、ゴルフ特有の腰痛やゴルフ肘の原因部分を突きとめたうえで施術し、痛みを根本から取り除きます。ゴルフ治療を受けることにより、体のパフォーマンスを上げ、スコアアップとなり、さらにゴルフを楽しめることになります。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |