交通事故治療

2015年12月28日(月)

交通事故では、特に被害者の方は望まない事故に巻き込まれ、治療を受けなければなりません。
事故でむち打ちなどになった場合、まず受診するのは、整形外科でしょう。整形外科の診断は、レントゲンやMRIによって異常がなかった場合は、鎮痛剤と湿布薬を処方されることになります。事故直後は興奮状態にあり、自覚症状は感じにくいのですが、3日後くらいから症状があらわれたりします。整形外科を受診しても、消えない痛みに不安を感じる方は多いのです。むち打ちは、車の追突事故により、頸椎捻挫をする症状です。整骨院では、頸椎捻挫など体の一部が歪んだ部分を本来の状態へと調整します。むち打ちの患者さまを国家資格を持つ先生が手技で確認しながら施術をおこない、施術を何度か行うことによって痛みを和らげることができます。むち打ちの痛みがなかなか癒えないのは、事故により外傷した筋肉が緊張により動きを出せていないことなどが原因の一つです。しっかり治療を受けて筋肉や関節の動きをだし、本来の元気な体を取り戻しましょう。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |