Re・ストレッチ

2018年12月14日(金)

Re・ストレッチ

ストレッチには様々な効果があります。

人によってストレッチへの考え方も様々。

「ストレッチ 商用可能」の画像検索結果

 

柔軟性up、可動域up、リラックス、ケガの予防、パフォーマンスupなどの効果から、

逆にストレッチはパフォーマンスを下げるから良くないという賛否両論があげられています。

 

どれもそうですが、やり方を間違えれば効果は出ないどころかパフォーマンスの低下にも繋がります。

しっかり目的を持ってイメージしながらすることが大事です。

 

ストレッチに対して、「めんどくさい、片手間で手を抜いたり」、

このような考えでしていると効果はもちろん出ません。

 

じゃあ柔軟性をあげるために一生懸命筋肉を伸ばしているって方、これも△です。

 

柔らかい=良いっていうイメージを持たれている方がたくさんいますが、

柔らかければ逆にケガのリスクが大きくなったり筋肉の出力を低下させる要因にもなりかねません。

 

これらのメリット、デメリットを全部理解したうえで考えられたのがRe・ストレッチです。

 

Re・ストレッチは全て各競技に繋がるように、身体も全身が繋がるように考えられています。

 

是非、ストレッチから練習、ダウンまで無駄がないように取り組んで頂ければと思います。

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |