かかとが痛い。これは一体!?

2016年10月18日(火)

踵(かかと)の痛みについてお答えします。
 
 
歩き始め、運動をしていると踵が痛くなってくる方、悩んでますよね。
 
踵は一見ゴツゴツしていて筋肉がついているように見えない為、骨に異常があるのか!?と思われる方もいると思います。
何が原因かわからず、ただただ痛い、、、
もちろん踵を直接ぶつけたりして痛くなることもあると思います。
 
この時に考えられるのは2つ。
筋膜が傷ついて痛みが出ている、骨に異常をきたし痛みが出ている。
よっぽどのことがない限り、前者の方の可能性が高く、数日あるいは1週間~2週間で治ると思われます。
 
しかし原因がぶつけた覚えもない、、、
なんで痛くなったかわからない、、、
 
こういった場合、考えられるのが「筋肉」です。
 
踵には足底(足の裏)の筋肉や、ふくらはぎの筋肉が付着しています。
これらの筋肉が毎日の疲労の積み重ねで固くなったり、運動により急激に筋肉が使われることで、付着部の踵が筋肉に引っ張られることにより痛みが出ることがあります。
 
踵が痛いはずなのに、意外と足裏やふくらはぎの筋肉が原因になっていることが多いのです。
 
一度固くなってしまった筋肉は、なかなかストレッチや普通のマッサージでは改善しません。
少し和らいでも、また痛みをぶり返すことが多いです。
 
 
そんな時の為の治療です。
しっかり治療をうけて、しっかり治してください、痛みをかばって他の部位に被害が出る前に対処することが大事ですよ。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |