歩き方が、すり足やガリ股の方、腰痛にご注意を!!

2017年04月19日(水)

花粉がスギからヒノキに変わり花粉症が勃発して目も鼻もやられています、、、
 
岸和田 大城整骨院 大城です。
 
 
今回のテーマは、すり足とガリ股です。
 
子供から年配の方まで幅広く、この歩き方をする人はいると思います。
 
この歩き方、見た目だけではなく体にも悪いんです!!!
 
 
人は普通に正しく歩く時、しっかり足を踵から着地して体重移動させて最後はつま先で地面を蹴りだし前へと進んでいきます。
 
しかし、
 
すり足やガリ股の歩き方は、そのような正しい動作がしっかり行われません
!!

 
 
するとどうなる??
 
 
見た目はもちろんの事、すり足やガリ股で歩くことは足裏 足首 膝 股関節がしっかり動かない為、
太ももの前の筋肉が、硬くなります。
太ももの前の筋肉が硬くなる緊張すると腰にすごく悪いのです、、、

さらに足裏 足首 膝 股関節を曲げ伸ばしせず足を棒のように使って歩いていると、足は前に出ません!出にくいです!
 
一度やってみて下さい。
 
膝とかを伸ばしたまま歩く、まぁ歩きにくいですよね、、、
では体を後ろに反らして腰も反らして足を出す。
これなら足が前に出ますよね。
 
これです!!
 
この歩き方をすり足やガリ股の方は知らず知らずのうちに繰り返しているのです。
反り腰は、とても腰に悪い姿勢です。
 
すり足ガリ股の方は、少しずつ意識して「つま先を真っすぐ出して、しっかり足首、膝、股関節を動かして歩いてみましょう」
 
 
当院ではフットケアトレーナーの私が
肩甲骨 骨盤の歪みと悪い動きを改善し、必要な方はインソールにて体全体の悪い動きを根本から変える治療を行っています。
もちろん、しっかりわかりやすく説明も致しますので利用者さん本人も自分の体の悪い動きを理解できるため、日常生活での改善も可能です。
 
ご興味のある方はお気軽にご来院下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |