眼精疲労で目の奥が痛だるい

2015年12月27日(日)

眼精疲労は、長時間のパソコン作業での目の酷使やドライアイが原因となりますが、ストレスによって引き起こされることもあります。
目が疲れると、頭痛がしたり、さらに首や肩、背中の筋肉が緊張して硬くなります。
薬局やドラッグストアで、目薬や頭痛薬、湿布を購入して、治しているつもりになっている方が多いと思われます。しかし、一時的に症状が良くなっても、根本的な解決になりません。
眼精疲労の症状として、目の奥が痛だるい、目が重い、腫れぼったい感じがする、頭痛をよく起こす、肩こり、首のこりがひどいなどがあります。
頭痛や肩こり、首のこりは眼精疲労が原因である場合が多く、上半身全体の疲労から慢性疲労症候群を併発します。毎日のパソコン作業をされている方は要注意です。眼精疲労によって、体の痛みや胃痛、食欲不振を起こし、イライラしたり不安を感じたりします。眼精疲労の症状を取り除き、頭や肩、首の凝り固まっている部分をほぐしていきます。
また、ストレスにも効果的で、スッキリとした気分になります。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |