関節炎(指や手首、膝など)

2015年12月27日(日)

 関節痛は、起床時や長時間同じ姿勢でいたあと、歩いたあとなどに、膝や肘、指などの関節が動きにくくなり、痛みを感じるものです。特に寒い時期には、関節の痛みもいっそう感じやすくなります。こうしたこわばりや腫れ、痛みがあったら関節に炎症が起きている可能性があります。
日常生活から考えられる原因として、運動による関節の障害があります。走る、飛ぶ、蹴るなどの動作のもととなる膝は、酷使され、膝関節のあいだにある半月板損傷を起こします。また、加齢、過度の肥満による関節の障害があります。
関節と関節のあいだのクッションの役割を果たす関節軟骨が加齢や運動不足、肥満による過剰な関節への負担で変形していき、痛みや動きの障害が起こります。
関節痛をともなう疾患として、代表的なものが、変形性関節症と関節リウマチです。最近は中高年からスポーツを始める人に過度の運動による関節障害がふえています。その他には、肩関節周辺の腱などの老化による四十肩・五十肩や尿酸値が高くなる痛風、関節に細菌が入って起こる可能性関節炎などがあります。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |