椎間板ヘルニア(腰の痛み、足のしびれ、足に力が入らない)

2018年11月16日(金)

こんにちは!大城整骨院です(^^)

 

世の中に腰痛で悩まれている方はたくさんいます。

そのなかでも椎間板ヘルニア!

病院や整形へ行くと手術が必要と言われ不安になる方も?

 

まずは椎間板ヘルニアについて説明します

ヘルニアとは、体の中の臓器が本来あるべき位置から逸脱した状態を表します。

なので皆さんはヘルニアと聞くと首や腰を思い浮かべると思いますが、

体の各部でヘルニアというのは発症します。(臍ヘルニアや鼠経ヘルニアなど)

このようなことが背骨と背骨の間にあるクッションである椎間板に起こったものを椎間板ヘルニアといいます。

椎間板の中にある軟部性のものが、外に飛び出してしまった状態です。

 

その飛び出した椎間板が神経を圧迫し、腰痛や足の痛みやしびれ、ひどくなると感覚がなくなり力が入らなくなります。

背骨は首から背中、腰、お尻までありますが最も負担のかかりやすい頸椎と腰椎にヘルニアは好発します。

椎間板になる理由とは??

主な原因は椎間板への強い圧迫です。

本来背骨の周りには背骨を支えるインナーマッスルが働いています。

しかし、そのインナーマッスルが疲れて機能しなくなると外部からの衝撃など体への負担は全て背骨へかかってくるのです。

すると少しずつ背骨と背骨に挟まれた椎間板が圧迫され、外に飛び出してきて神経にあたります。

これが椎間板ヘルニアになる主な理由です。

椎間板ヘルニアは治るの??

はっきりと治るとはお答えできません。

時には手術が必要なものもあるでしょう。

しかし、大城整骨院では病院や整形外科で手術が必要と言われた椎間板ヘルニアの患者さんをたくさん治してきました。

では、なぜ治ったのでしょうか?

先ほど説明したインナーマッスルをもう一度使えるように治療で復元したからです。

ほとんどの腰痛や椎間板ヘルニアは筋肉が原因で発症しています。

 

筋肉のオーバーワーク→筋疲労→筋肉が使えなくなり→姿勢が崩れる→結果、骨格に負担がかかる

 

このパターンでヘルニアになっている方は治療により筋肉をもう一度使えるようにしてあげると痛みやしびれは消えてなくなります。

なので手術をするか悩まれている方はセカンドオピニオンとして治療をお勧め致します。

最後に

少しでも多く椎間板ヘルニアや腰痛で悩まれている方に読んでいただければと思います。

情報と行動力ほど大切なものはありません。

 

手術なしで治るかもしれない

不安だけど最初から諦めずに行動しよう

本当に治そうと思い動けば本当に治せる方に出会えます

 

相談にも応じますの遠慮なくご連絡ください(^^)

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |