肩こり

2016年08月07日(日)

マッサージをうけても改善しない、
 
なぜ?
 
頭痛やめまい、吐き気が伴うほど肩こりがひどい方。
 
たくさんいると思います。
images (3)
 
では、当院の施術で改善されるのか? 
 
 

このような症状で悩んではいませんか?

 
・肩こりがひどく家事や仕事が毎日つらい
・肩こりで、頭痛、吐き気がする
・常に肩がダル重い
・マッサージをしても一時的にしか良くならない
・自分の肩こりはもう治らないと思っている
 
 
肩こりってどうなってんの??
 
日本で最も多い症状
 
それは「肩こり」です。
 
肩こりという病名はない為、病院では診断の対象にはなっていないのです。
 
一般的に肩こりとは、肩周辺の筋肉が硬くなる状態を言います。
 
肩や首、背中の痛み、重ダルさ、さらに頭痛や吐き気により日常的に悩まされます。
 
 
肩こりの症状は?

 
・首から肩にかけて痛い、または重い
・後頭部から首にかけて張りを感じる
・首から肩にかけて筋肉が硬くなり気持ちが悪く不快
・腕を回すと少し楽になるかも? 
・お風呂で少し温まると楽になる
・手にしびれがあったり腕を動かしにくい
・首を回すと痛い、動きにくい
・気が付くと首や肩をぐるぐる回している
 

images

 
肩こりはなぜ起こるのか?原因は?
 
1 同じ姿勢でいる
 
肩こりの一番の原因は仕事や日常生活です。
気を抜いている時など知らず知らずのうちに、猫背、まき肩の姿勢になっていることが原因の1つです。
 
家事や細かい仕事、パソコンなどデスクワークからスマホ、
これらをすることにより同姿勢になっていることが多いです。
 
このように同姿勢を続けることにより首や肩、背中の筋肉が緊張して硬くなり、血流が悪くなることにより肩こりは発生します。ダウンロード (4)
 2 ストレス
 
ストレスをなめてはいけません。
ストレスは体を緊張させ、筋肉を硬くさせます。ストレスで呼吸さえ忘れている方いますよね?
疲れがたまりやすい原因です。
 
ストレスが続くと自律神経(交感神経と副交感神経)の交感神経が優位に働きます。
 
交感神経は、緊張したりイライラする時に優位になり、体は緊張から硬くなり、
心臓はの動きは早くなり、血圧が上がり、血管が収縮して常に興奮状態に陥ります。
 
興奮状態の時ってどんな時かと考えると、時間に追われたり、期限やノルマに追われるといった、
切迫感が体に無意識に反応して、首、肩、背中は硬くなってしまうのです。

ダウンロード

 3 運動不足
 
運動することにより筋肉は伸縮し、その伸縮作用により血行は促進されます。
身体を動かさないと血行不良を起こし、筋肉の疲労がたまりやすく緊張状態になりやすいです。
これも肩こりの原因です。
 
あと有酸素運動で汗をかくことにより筋肉は緩む傾向があります。undoo1
4 眼精疲労
 
眼精疲労と肩こりの関係性は非常に深く、目の周りの筋肉が疲労することにより首や肩、背中まわりの筋肉が、
緊張し血行不良を起こします。血行不良により酸素が行き届かず頭痛を引き起こします。
 
対策としては、PC用の眼鏡をすることにより目への負担を減らしてあげましょう。
長時間デスクワークされる場合は一時間に一回は休憩を入れて目を休ませストレッチなどをして軽く体を動かしましょう。8d2dfbcf1ed228b5dabc9812cda53ced
5 血行不良
 
これも運動と関わってくるのですが、人は体を動かすことにより筋肉が伸縮し、ポンプの働きをして血液の循環がアップします。
よって運動不足は血行不良となります。
肩まわりの筋肉が硬くなると血行不良を起こし老廃物などが滞り、肩こりの原因となります。
 
女性の方に多い冷え性は慢性的に血液循環が悪くなっているので肩こりも起こりやすいです。239596
6 筋力低下
 
話の流れから筋肉が血行を良くしています。
もちろん筋力低下は血行不良の原因となります。
筋肉量が多いと伸縮した時に出る熱量が上がります。(カロリー消費にも繋がります)
熱量が上がるという事は代謝が良くなり、筋肉も緩みやすくなります。ダウンロード (1)
7 病気からくる肩こり

 
あまりにもひどい症状がある肩こりは、一度病院への受診をオススメします。
病からくる場合もあるので検査するに越したことはありません。065
 
 
 

当院は何十年も改善されなかった肩こりも改善へと導きます
 
 
肩が凝ったからマッサージ、それも間違いではありません。
マッサージで改善される肩こりはマッサージで解決すれば良いと思います。

 
しかし肩こりにも、たくさんのパターンがあります。
 
マッサージで改善されるもの
マッサージではどうにもならないぐらいの肩こり
いくつかの筋肉が働いていないことによる肩こり
アウターマッスルが優位になっている肩こり
 
など

 
マッサージで改善されない、もしくは一時的にしか楽にならない
 
そのような肩こりにマッサージを続けても解決にはなりません。

時間と費用がもったいないです。
 
 
当院はその方に適した肩こりの施術を行います。
 
筋肉の癒着をはがしたり、
使えていない筋肉を動かし、
アウターマッスルとインナーマッスルの優位度を五分にするような
(たいていの肩こりは9:1でアウターマッスルが優位になってます)
 

これからも快適な身体を持続できるような治療を行います。
 
 
肩こりで本当に困っている方、
一度ご連絡下さい。

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |