少年野球での症例。素振りで肩が痛い、、、

2016年11月25日(金)

OSHIRO整骨院 本日のブログは~、、、
 
 
野球でのケガです。。。
 
baseball-on-baseline1
 
最近一気に寒くなったので、筋肉や関節が固まり、ケガする方が多いですね。。。
 
 
私は、朝起きてトーストとコーヒーを頂き、テレビを観ながらストレッチをして対策しています。
 
 
1番体が硬くなっている朝にストレッチをして筋肉を伸ばしてあげる事で、少しでもケガのリスクを下げています。
 
 
すいません、、、野球のケガでしたね。
 
 
本題に入ります!
 
 
 いつも通り家で素振りをしていました。
5分ぐらいすると左肩に痛みが、、、振り終わりに痛みが、、、
いろいろと検査をして1番気になったのが大胸筋。(胸の筋肉です)
カチカチで全然動いていません、、、前に診た野球少年も大胸筋の緊張が強くケガに発展していました。
 
野球って胸の筋肉そんなに使うんや!!!



いえ違います。
 
確かに大胸筋も必要です。が、、、
 
もっと必要なものはインナーマッスルです!!
 
 
この筋肉が弱かったり、上手く使えていないがために大胸筋のケガへと繋がるのです。
 
大胸筋はアウターマッスルです!
 
 
アウターマッスルがケガをする原因の1つにインナーマッスルの筋力低下、優位に使えていないのが考えられます。
 
 
チューブトレーニングなどインナーを鍛えるメニューを取り入れて、ケガのしない体を作りましょう。
 
 
 
しかし、大体の選手は肩が痛い、肘が痛いと来院されますが、、、
けっこう全身が悪い選手が多いです(汗)
悪いというのは筋肉が硬いという事ですが、、、
 
 
時間があるなら全身の施術をしてあげたい、もっとパフォーマンス上がるのに!!!
って毎回思いますが、自分の想いを人に伝えるのって難しいですよね、、、
もちろん患者さんはそこまで求めてないかもしれないですし(笑)
 
ってついつい思ってしまう施術者あるあるでした(笑)

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

  |